学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 農学部
  4. 食品栄養学科

農学部 食品栄養学科

食品の安全・安心と健康の持続を目的に、農産物の幅広い知識を基盤とした食品の機能性、栄養、食育などを科学的に追究します。

農学部 食品栄養学科

食品栄養学科の特色

農学の幅広い観点をもった管理栄養士を養成

「農学」の学びを基盤として食のプロセスを体系的に学び、管理栄養士に必要な「食・栄養・健康・医療・食育」に関する専門的知識・技能・態度を身につけます。

体験型の授業を実施、学生が自ら考え実践する学び

管理栄養士養成に必要な実験・実習・臨地実習に加え、農場実習などの体験型の学修を取り入れ、協働的に、自ら考え実践できる力を養います。

薬学部・看護学部との医療人多職種連携教育を推進

薬学部・看護学部との医療人多職種連携教育を展開し、それぞれの役割や専門性を理解した、チーム医療や地域包括ケアシステムの推進を担える管理栄養士を養成します。

研究室紹介

健康維持・増進、医療のための栄養指導・栄養管理や食育の進展に貢献する

食品栄養学科は、以下のような16研究室を設置しています。健康、医療、食育に関する研究を進め、実験室での実験や地域や企業と連携したフィールドワークなどによって課題解決に取り組みます。


学部・大学院

ページの上部へ