学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 農学部
  4. 応用生物科学科

農学部 応用生物科学科

農学的な応用・活用を目的に、植物、動物、海洋生物、微生物などの生命活動とその原理やしくみを分子から個体・生態系までを含む広い視点で深く追究します。

農学部 応用生物科学科

応用生物科学科の特色

農学と生命科学について、多様な専門知識をもった人材を養成

植物、動物、海洋生物、微生物などの多様な領域について、ゲノム(遺伝子)から個体までの専門知識を学び、先端科学の発展を支える応用技術を身につけます。

触れて、育て、実験し、予測することから、最先端の生物科学を学ぶ

実験や実践を通じて発展してきた農学や生物科学。体系的に組まれた実験授業や農場実習などを通じて、一人ひとりの学生が自ら体験し、考え、学びます。

食品・生命・環境に関わる多様な産業分野で活躍できる人材を育てる

産業や就業の構造を変化させてきた科学技術。農学、生命科学、情報科学を学びの3本柱として、食品・生命・環境に関わる分野で活躍できる人材を育てます。

研究室紹介

生命科学や情報科学の研究で「食」と「農」の産業技術を発展させる

応用生物科学科は「植物系」「微生物系」「動物・海洋生物系」の3つの専門分野を設定し、6研究室(講座制)を設置します。植物やそれを取り巻く多様な生物の生命現象のメカニズムや生体を構成する分子の機能を、分子生物学や情報生物学の手法を用いて解明し探究することで、人口増大や気候変動に伴う食料安全保障の課題などの解決を目指します。


学部・大学院

ページの上部へ