学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 農学部
  4. 農業生産学科

農学部 農業生産学科

農作物の持続的・安定的な供給を目的に、植物の疾病や生産環境を科学的に追究するとともに、新たな農作物(穀物、野菜、果樹、花など)や生産技術の開発とその高度利用を目指します。

農学部 農業生産学科

農業生産学科の特色

作物生産と生産環境について学び、新しい農作物を創成する力を養う

安全な作物の生産、安定した作物の供給、作物生産環境について深く学ぶとともに、新しい農作物を創成する力を養います。

作物生産における栽培の理論と実際を学び、課題解決能力と実践力を養う

実験や農場実習を通じ、作物生産における栽培の理論と実際を学び、生産現場が抱える諸課題の解決能力と実践力を養うための教育を行います。

農業に対する正しい理解と農作物生産に貢献できる知識、技術
および情熱を有した人材を育てる

国内外の農業の実情、先端的な農業技術、農業の多面的機能などについて深く学び、先端農業に貢献できる正しい知識、技術、情熱を有する人材を育てます。

研究室紹介

農業がかかえる、さまざまな課題解決に取り組む

農業生産学科は「農業植物・栽培系」と「農業生物・環境系」の2つの専門分野を設定し、6研究室(講座制)を設置します。国の基幹産業である農業の発展のため、施設・設備や農資材の開発と利用、病害虫や高温・低温等の環境ストレスに強い品種育成と栽培技術の開発、高機能性・高品質作物の生産技術の開発、環境負荷の少ない防除・施肥技術の開発、省力・軽作業化、野菜等の安定的な周年供給体制の確立、持続的な農法の開発と実践、栽培環境制御技術の開発など、さまざまな農業の課題解決を目指し、研究を行っていきます。


学部・大学院

ページの上部へ