教育・研究 教育・研究イメージ画像

  1. トップページ
  2. 教育・研究
  3. 研究支援
  4. 地域総合研究所

地域総合研究所

経済産業・政治行政から、歴史文化、自然環境、都市インフラおよび福祉保健にまで対応できる総合大学の幅の広さを活かした「総合研究」の枠組みを作り、社会連携を推進する機関です。地域の住民・地域における市民活動と行政・福祉のあり方に焦点を置いて、市民社会活性度および地域の課題を各領域にわたって総合的に研究し、政策のありかたを共に考え社会連携を推進します。

所長挨拶

地域総合研究所と北河内総合研究

地域総合研究所長 浅野 英一

 

 大学の責務として、最近では教育・研究に加えて、社会貢献・地域貢献が当然のようにあげられるようになりました。しかし、この第3の責務も、大学自身の教育・研究活動と結びついてこそ、大学自身を発展させるものになります。摂南大学は教育面においては地域での活動を主としたPBL型の授業を早くから開始し、そのほかにも多くの授業で地域との連携がはかられています。もちろん研究面でも多くの教員が地域と結びついた研究を手掛けてきました。

 摂南大学地域総合研究所は、それらを基礎にして、本学の地域貢献型研究を促進するために、2015年4月に八木 紀一郎副学長(当時)を初代所長として設立しました。その直接の母体になったのは、2012年から「Smart and Human研究」という名前を冠されるようになった学内公募する共同研究プロジェクトのうち、地域研究に属するいくつかの研究プロジェクトです。2018年度には、地域に関する以下の5研究が地域総合研究として採択されました。

2018年度摂南大学「Smart and Human研究助成」を受けた「地域総合研究」

研究課題

研究グループ

由良町における地域産品のブランディングに関する実践研究_グラウンデッド・セオリー・アプローチによるストーリー化ー

代表者:鶴坂貴恵(経営学部)、

栢木紀哉(経営学部)、

山本圭三(経営学部)他2名

淀川水系に関する総合的研究_多様性に基づく発展ダイナミクスの探求(2)

代表者:後藤和子(経済学部)、

河原匡見(法学部)他15名

近畿自動車道紀勢線を経済的回廊とした「すさみ町・白浜町・串本町」を一帯とした人口ビジョンと創成総合戦略

代表者:浅野英一(外国語学部)、

橋本正治(理工学部)他4名

院生1名

※ほかにも「一般研究」として7つの共同研究が採択されました。

地域総合研究所運営委員会 構成員

2018年度

       地域総合研究所長         浅野 英一

       所員               鶴坂 貴恵

       所員               後藤 和子

       研究支援・社会連携センター長   前田 定秋

       学長室長             伊藤 勝彦

刊行物

2017年度

摂南大学地域総合研究所報 第3号 2018年3月発行

-目次-

・巻頭言:地域研究成果の発信                                                          

     地域総合研究所長  平野 泰朗

・北河内地域の人口ビジョンと創生総合戦略(概観)                                            

  八木 紀一郎                                                       

・地域住民における暮らしやすさ認識と地域の課題認知ー地域の評価・住民の相互のつながりに注目した計量分析ー                             

  山本 圭三                                                    

・無料高速道路開通によるストロー効果が過疎の町にもたらす負の影響についての考察                                      

  浅野 英一・石田 裕貴                                                                                                                               

・摂南大学における実践的地域活動の促進を目的とした新しいキャンパス像の提案                                            

  池内 淳子                                                      

・日本の伝統行事と住宅のしつらい                                                             

  岩間 香・平田 陽子

・摂南大学におけるアクティブ・ラーニングのためのティーチングスキルの実証的研究                

  水野 武・久保 卓也・牧野 幸志・藤林 真美・大塚 正人・植杉 大・吉田 佐治子・柳沢 学                                           

・2017年度摂南大学研究助成

「Smart and Human研究助成金」成果報告書【地域総合研究】

研究課題一覧

2018年度

由良町における地域産品のブランディングに関する実践研究―グラウンデッド・セオリー・アプローチによるストーリー化-

研究代表者 経営学部 鶴坂 貴恵

由良町産品の地域ブランドは乱立かつ重複しており、消費者から分かりにくい状況にある。まず、それらを整理し、マーケティング論の理論を活用しながら、ツリーなど可視化を試み包括的なブランド・アイデンティティを確立することを試みる。その上で新たに開発される地域産品に焦点を当て、作り手、使い手(シェフ等)、つなぎ手(卸・小売業者)のインタビューを行い、修正版グラウンデッド・セオリー・アプロ―チにより分析を行い、ブランドストーリーを創るなどブランディングを行う。グラウンデッド・セオリー・アプローチは、アメリカの看護学で定着をしているが、他分野での援用もされており、本研究においても援用を試みる。

淀川水系に関する総合的研究―多様性に基づく発展ダイナミクスの探求

研究代表者 経済学部 後藤 和子

本研究は、北河内総合研究を発展させ、日本で最も生物多様性に富むといわれる淀川水系及びその流域に着目し、多様性に基づく地域発展のダイナミズムを明らかにするものである。淀川水系は、琵琶湖と大阪湾を結び、多様な経済や文化を育んできた。今年度は、流域生態系が生み出す生態系サービス(資源供給サービス、調整サービス、文化的サービス等)という概念に焦点を当て、それらを定量的・定性的に見える化することを目指す。見える化することで、地域の政策立案や教材として、広く市民の活用に供することができる。

近畿自動車道紀勢線を経済的回廊とした「すさみ町・白浜町・串本町」を一帯とした人口ビジョンと創生総合戦略(3年間計画の初年度)

研究代表者 外国語学部 浅野 英一

これまでの研究結果から、すさみ町単体の主要産業(農業・林業・漁業・観光)だけでは、人口衰退の急激な減少や、地域創生エネルギーの減少に歯止めが効かないことが判明した。隣接する「白浜町・串本町」も同じ現象に陥っている。近い将来、近畿自動車道紀勢線がすさみ町から串本町に延伸する。そこで高速道路を経済回廊として、すさみ町・白浜町・串本町を一帯とした人口ビジョンと創生総合戦略を研究し、その成果を社会に還元する。和歌山県との「大学のふるさと」制度や「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業:紀の国大学」と連携し、地域課題の解決に向けた協働活動を行いながら、大学と地域の継続的な交流を促進する。

教育・研究

ページの上部へ

TOP